スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

リズム叩き

   

足型に乗ってごあいさつが上手に出来たら次に手を使って「リズム叩き」をします。

 

スズキの教本第1巻の1曲目「キラキラ星変奏曲」は有名なモーツァルトの楽曲ではなく、鈴木先生が子どもたちのために独自に編纂した曲。

もちろん基本のメロディラインは「キラキラ星」ですが私たちのものは以下の5つのリズムから成っています。

C6C02DBD-08C2-4F90-B350-095287F5CB21

私はこのように呼んでいますし、所属している支部教室の他の先生方も同じです。ただ、全国で考えたら他にも独特の言い回しで教えていらっしゃる先生がおられることをお伝えしておきます。

 

1番初めに習う「タカタカタッタ」のリズムは実はバッハ由来(由来とか大げさ 笑)

9C2AB5B5-E4BE-412A-B9F4-60517D71514B

教本でも勉強するバッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲」第1楽章冒頭です。

この囲んだところ、ここがまさに「タカタカタッタ」

 

鈴木先生のお考えの深さに敬服します。まだスタートしたばかりの幼児さん相手でさえバッハの技法を伝えることを試みる…凄いです。

もちろん2〜3歳のお子さんに「これはバッハがね…」なんて話はしませんが大きくなったら必ず話します。

 

さてリズム叩きですがまずタカタカタッタからじっくり教えます。

743C4482-1AC5-4AC5-B79A-C06A1716B2A8

ここがちゃんと止まらず「タカタカタタっ!」みたいになります。なので

『タカタカ、で止まれる?』

とまず分離。それから

『タッタ、のとこやってみようか』

と続けます。

 

大人ならなんてことないことも幼児にとっては超難問。様子を見ながらゆっくりからお稽古します。

 

そこがうまくいったら次に「よかった」です。

これは上にもありますように休符のところで手をおひざにトンとしてもらいます。

ただ『休みだから待っててね』なんて言って出来るものではありません。その手を何かしないと休符をすっ飛ばして「よかた」になります。

ここには弊害もあって、実際に弾く時には止まって待たなくてはならないということに繋がるまで時間がかかります。ですから私は順番通りではなく特に難しい「よかった」は最後まで弾かせません。

 

真ん中の「シュッポポシュッポポ」がまた大変…

45EA0616-4CA0-4769-B1E5-6229C75AAA9A

ここには『きちんとハッキリ』と書いてありますが実はそんなモンではなく…とにかく正しく弾くのが難しいリズムです。

弾くことについてはのちの記事でご紹介しますので今は叩く上で気をつけることだけにしておきます。

 

そして残りの2つです。

6F1F740E-F94B-49BE-BB92-BBE66694A14F

この2つのリズムはどちらも同じ拍に入らないとなりません。でも子どもたちは「同じ速さ」で叩きます。

要するに6個の音と8個の音で8個の方が多いから子どもたちは叩き終わりのタイミングがズレるということです。(言葉で説明するのは難しいですがニュアンスはお分かりいただけるかと…)

 

これを理解してもらうために「ケーキを何人で分けるか」とかそんな絵を書いて教えますがおそらく分かっていません 笑

なのでCDを聴かせて弾いて見せたり色々試しています。

 

この「リズム叩き」まででもある程度の見学期間が必要です。なかなか楽器までいきませんが保護者の方には「大人の出来ることと子どもの出来ることの量」を感じていただき、忍耐強く待っていただけるととても助かります。

 

リズム叩きと並行していよいよ「右手のお稽古」です!

…ただし楽器はまだです、すみません…!

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 - レッスンのすすめ方 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

DE2DE52A-D408-44B4-91C4-305350DD0511
右手のおけいこ

立ち方とおじぎがしっかりしてきたらいよいよ右手のおけいこです。   ヴ …

DFEBF41C-1BFE-4F3F-9AB2-4F743E5F0247
楽器を持つ準備

右手の次は楽器の持ち方です。 ヴァイオリンは左肩とアゴで楽器を挟みますが、これが …

35685FAD-EFB2-4F25-8060-988D174907F9
リズムを弾く その1

弓振りや持ち方のお稽古をしたらついに教室で(先生の前で)音を出します。 この基本 …

39597343-A1AF-49FF-8A25-BE38FAC30C2E
本物の楽器を使う

いよいよ楽器が手元に来ます。 こちらは1番小さいサイズで16分の1となります。 …

7673AF7F-158A-4045-A865-6ED7EDABA158
リズムを弾く その2

前回に続きリズムを弾く事についてです。   今回はキラキラ星の3番目の …

A4FF5DC2-606D-498B-BB74-2B62D389D7DE
足型作りとおじぎ

レッスンのすすめ方、第2回目「足型作りとおじぎ」です。 初めにお伝えするべきでし …

6E23F292-EBF6-4A09-9215-0BF343BAB77E
レッスンのすすめ方

クラスのホームページを始めたときは 『よーし!スズキを広めるぞー!』 という思い …

24B45702-5857-46DA-B726-55DB7B52FE35
指を使う

ついに指を使います! といってもいきなり弾けるワケもなく 笑 まずは「1の指」を …

6BCAF1B4-F5E0-4B9E-BF7D-D0070B466A88
弦を乗り替える

前回の記事で『いよいよ指を!』と書きましたが、重要な「弦の乗り替え」のお稽古につ …