スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

教室説明会とミニコンサートを八王子教室にて行ないました

   

お天気が心配でしたがなんとかなり、どちらかというと暑いくらいの日曜日に八王子支部ホールにて教室説明会とミニコンサートが行なわれました。


ここ数年企画しては中止をくり返していたミニコンサート。昨年5月、約3年振りに開催することができました。


ただ、まだ昨年はコロナの真っただ中。募集人数を絞って教室内が密にならないよう気を配りつつの開催でした。

午前と午後の2回公演。1回の募集は4組まで。教室に入れる人数を考えての苦肉の策でした。


この時は事前予約としていましたが結果的に満員になるほどの予約はなく、午後に至ってはゼロ・・

今年こそは!と気合を入れて臨んだ今回でしたが、なんとお問い合わせが13件も!


コロナの指定もなくなりましたので特に予約が必要ではなかったのですが、メールフォームでのお問い合わせを設定したら次々とご登録がされる事態に。

嬉しい悲鳴です!


教室ホールにある程度の広さがあるとはいえ・・子どもさんプラスご両親ともなると総計30~40名ほどのお客さまがいらっしゃる計算に・・

お客さまが少なめの時などは出演生徒さんのお母さまなどに「サクラ」となっていただき、あたかもすごい盛況になっているような雰囲気づくりをしていましたが、今回はむしろ親御さんはいっさい入れないということになるとは!

これほどの反響ですからなんとかおひとりでも「習いたい!」思ってくれるようなイベントとしなければ・・!


ミニコンサートはヴァイオリンの演奏からはじまりピアノ、フルート、チェロへと続きます。


チェロ科の生徒さんには「初歩のときにしていること」も見せていただきました。

とっても楽しそうな子どもたちの様子が伝わったのではないかと思います。


後半は全員合奏と俳句カルタ。

俳句のカルタについては

『音楽教室でなんで俳句!?』

と思われる方もおられるでしょう。


鈴木先生が提唱した「どの子も育つ」「人は環境の子なり」という数々の理念を考えた時に、こうした小林一茶の俳句をお勉強することの意義が分かります。

美しい日本語の響きと四季の情景を感じる豊かな心、そうした感情の「育ち」に大きく影響を与えることが出来るということを、100句まで覚えたお子さんの親御さんならみなさん気づかれると思います。

そのような意味からスズキ・メソードでは小林一茶の俳句カルタを副教材として導入しています。


今日のような説明会から今までも何人もがスズキの一員に加わって下さっています。

コロナも少し落ち着いたこのタイミングでぜひまたお教室に遊びにいらしていただきたいです。


教室やレッスンのご見学はいつでも受け付けております!


 - 先生とイベント , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

セレオ八王子クリスマスイベント終了!

今日はセレオ八王子でのクリスマスイベント参加ミニコンサート。 こんな素敵なポスタ …

大人コンサート無事終了!

昨年に続き台風直撃を心配する中、第6回エトワールコンサートが三鷹市民芸術文化セン …

松本でのコンサート

今日はスズキの芸術監督であった豊田先生への感謝の会が松本で行なわれました。 第1 …

合わせの様子 弦楽編

昨日の合わせの様子を一部ご紹介します。 前半はカルテット伴奏による協奏曲です。今 …

支部コンサート練習

いよいよ今週より八王子支部コンサートのグループ別レッスンが始まりました。 私が担 …

夏期学校の報告 その2

3日目からは本番のホールでの練習でした。 指導者研究会でも使用するここ芸術館の主 …

コンサートのお手伝い

今日は、昨日の疲れもなんのその昨日もご一緒したO先生のクラスコンサートのお手伝い …

今年の支部コンサートには多くの先輩方が参加します

5月の弦楽コンサートに参加してくださったOGの方からのご提案で、今年の支部コンサ …

松本 夏期学校

今年も夏期学校の時期となりました。スズキの70周年となる今回の松本は数年振りにピ …

国分寺卒業演奏会とバザー

思わぬ強風の寒い1日でしたが29日の祝日に国分寺支部の卒業演奏会とバザーが小平市 …