スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

萩山教室の器材

   

萩山教室ではずーっとこの…

E35406B9-D08B-4E6A-8011-0586914A3C0C

年代モノの器材で伴奏CDを流していました。

レコードを回せてテープも聴けて速さも調節出来てなおかつ録音も出来る貴重なデッキでしたが、ここ数年調子が悪く上手く使えなくなってきていました。

 

伴奏を流して子どもたちが弾いていたら突然「ダダダダダ…!」とまるでレコードの針が飛んだように引っかかってしまって…。しかもなぜか音量を抑えるとならないという謎…。

それでも騙し騙し使っていましたがついに…

7E34F8C3-E994-4BA7-A20E-569480BEC8C7

CDトレーが戻らないという大惨事に(わかりにくい写真ですが…)

中の方でプラスチックの爪か何かが折れてしまったのか、奥まで入ってくれません。これではCDは回らない…。

 

そこで最近は私が行ける日は自前のスピーカーを持って行っています。

EACC8C0D-6414-411E-9B45-A09077AC9299

手元のiPodで操作出来るので便利です。機械の横に付いていなくてもスタートとストップが可能。生徒さんの姿勢を直したりやなんかをしながらでも流せます。

CDでは難しかった『じゃあ次は何々を弾こうか』とか『ちょっとテーマだけもう一回弾いてみようか』という要望にもササっと対応出来ます。(…それでもそれはやはり人力で行なうのですが 笑)

 

私が行ける日はこれで出来ますが行けない日は普通のCDラジカセでの対応です。そうすると『次は何々を…』には選曲ボタンを連打、『ちょっとテーマだけ…』にはキュルキュルと早送りもしくは早戻し?をして目当ての箇所を探るという操作が必要となります。

 

合奏レッスンは子どもの集中を継続させておくのが命。こうした機械操作のちょっとした「間」はあまり作りたくないものです。これまでも「タイミングよく伴奏を流す」事には結構気を使ってきましたが、より一層素早く対応出来るようになったのは年代モノの機械の故障による怪我の功名 笑

 

色々と便利になった世の中です。子どもにとっては次々サクサクと伴奏を出されては休むヒマがなくて迷惑かもしれませんがね 笑

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 先生とレッスン , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

弦楽練習日@八王子

台風直撃から辛うじて逃れた日曜日、今日は八王子の弦楽練習でした。 とは言え今回の …

国領グループレッスン

昨日は午後は国分寺支部でしたが午前中には国領教室のグループレッスンがありました。 …

今日の練習

今日は八王子支部弦楽団の練習日でした。今月から再開し、2回目の練習です。 新年か …

いよいよ今週末…!

本番が迫ってきました。今日は小さい子たち最後のグループ別練習。 さすが直前。全員 …

今日のオンライン

今日は八王子クラスのIちゃんのヴァイオリンをオンラインで聴かせてもらいました。 …

教室がーっ…

先月末から始まった国領教室ビルの補修工事。事前にお知らせはあったのですが休み明け …

レッスン変更@八王子

7月の半ばからグングンと感染者数が増え夏期学校も完全オンラインとなってしまいまし …

グループレッスン@八王子

このタイミングでのグループレッスンは大失敗でした…。 中間試験と運動会の影響で欠 …

グループレッスン@八王子

10月28日の八王子市民文化祭に向けてのグループレッスンが始まりました。今日から …

クリスマスグループレッスン@吉祥寺

昨日の祝日は午前午後とグループレッスンでした。まず第1弾吉祥寺教室。 女子軍団 …