スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

地区研究会

   

今日は大久保のクラシックスペースにて地区研究会がありました。

483E5A37-7AD6-494F-A2B1-DE7FE4FB6EE4

イギリス王立音楽院で教鞭を取っておられる井上祐子先生。現在はヴィオラをお弾きになりますがスタートはスズキでのヴァイオリンという大先輩です、

 

前半はスズキ時代のお話とイギリスでの様子、後半は公開レッスンという午前午後の2部構成。私はレッスンの都合で昼過ぎまでしかいられなかったのですが、日本とイギリスとの違いなど面白いお話を伺う事が出来ました。

成人してほどなくイギリスに渡りすでに40年ほどあちらで暮らしているとの事、確かに…時々日本語が怪しかったりしましたがそれだけ長いと当然かと。

 

ヴィオラという楽器はとかく身体に負担がかかる割合がヴァイオリンとは比べものになりません。

もちろんある程度大きさのある本体の方が深みのある良い音が出ます。でも、身体に合わないモノを長く使っていたらいつの日かどこかを痛めます。

私もヴィオラを弾きますが手の甲の部分が細めなので小ぶりの楽器を探して買いました。それでも夏期学校での指導者オケで毎日何時間も弾いていると手首が痛くなります。(もともと腱鞘炎持ちという事もありますが…)

 

『ヴィオラは武器になる』

と井上先生は仰いました。

それは

『自分にとって素晴らしいパフォーマンスを披露するための武器』

ではなくて

『自分の身体を痛める、自分に対しての武器』

という意味でした…!なんとー!

 

そこで先生からストレッチを教えていただきました。みんなで立って部屋にちらばり体操を。ちょっと身体を伸ばしただけでもスッキリしましたし、ヴィオラを弾いたあとには体操っていいかも…。

 

午後は若手の指導者2名がレッスンを受けました。残念ながらレッスンまでは観る事が出来ず帰りましたが、同じ支部のH先生が受講されたので今度感想を聞いてみようと思います。

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 - 先生のお仕事 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

今年のモーツァルト その1

卒業録音の〆切は基本的に11月末ですがモーツァルトの才能教育課程のみ10月末とな …

地区イベント ホール打ち合わせ

今日は午前中に関東地区の会議があり、その後3月31日の地区イベントのホール打ち合 …

外国の楽器ケースに驚く

八王子クラスの生徒さんのお母さまで外国のご出身の方がいらっしゃいます。 その方が …

荷物の積み込みに

さていよいよ明後日は本番。今日は荷物の積み込みに東京事務所へ。 事前に準備したこ …

国分寺母の会

昨日よりはマシでしたがそれでも蒸し暑かった今日、小平の中央公民館にて国分寺支部の …

今日のお弁当 笑

今日は国分寺支部の会議。 ここの教室は高さの低いテーブルしかないので会議はいつも …

おさらい会ピアノ合わせ

今週は17日に秋津で行なわれる『クリスマスおさらい会』のピアノ合わせ。 夏のコン …

クラスコンサートのホール

前回がいつだったか…すぐには思い出せないくらい前だった『吉祥寺八王子合同クラスコ …

卒業申請が変わります

秋は卒業録音提出の季節。今年から手続きが少し変わります。 立派なマニュアルが届き …

リサイクル品バザー@八王子

春の総会に合わせて2年ごとに行なってきたバザーがコロナの影響で出来ません。 その …