スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

友だちがCDを作った!

   

小さい頃から素晴らしい弾き手で

『きっと演奏家になるんだろうなー…!』

と思っていたお友だち。

彼女の演奏が好きで少し遠いところでもコンサートを聴きに行ったりした事もありました。

 

その後色々あって数年に渡って没交渉になってしまっていましたが、2年ほど前にある偶然から再会!

元気でいてくれた事が本当に嬉しかった!よかったー

 

演奏活動をしているであろうその友人がこのコロナで受けた影響は大きいだろうと、しばらく振りにまた連絡してみました。

こちらからの一方的な突然のメールなので

『返信はいらないよー。頑張ろうねー。』と。

 

『なんとか頑張ってるよー!去年は自費でCD出したのー。』とすぐさま写真付きの返信をくれました。

 

え!?CD!?

それは聴きたい!

75A04EDB-B8C0-48B3-83E5-F1DD8FABEDAE

すぐに送ってくれました。

透き通った真っ直ぐな音色。変わらない彼女の信念がそこには詰まっていました。

…素晴らしかったです。

 

過去に彼女の演奏を聴いて(見て)私は

『ヴァイオリンは右手だ…!』

と確信しました。

 

練習を積んで素晴らしく速く左手が動くようになったとしてもそれを正確に外に出すのは弓、すなわち右手のお仕事です。だからこそ鈴木先生は「トナリゼイション」にこだわりをお持ちでいらしたのでしょう。

その思いを引き継いで私たちスズキの指導者にレッスンをして下さっていた館ゆかり先生も、指導者研究会の中で常に弓の使い方をお話しされていました。

 

長さの限られたあの弓でいかようにも音を作れるのです。

自分が動かすその仕草でどういう時にどんな音が出たか、生徒さんには敏感に感じ取って欲しいといつも思っています。

ともすると上級生であってもなんの意図もなく元から先までバーバーと弓を(というか腕を?)動かす時があります。

『ちょっと待った!そこはそんなに長い幅必要?よく考えて』

 

もちろん上級生になるまでの間にきちんと伝えられていない私自身の責任です。(言うことを聞かない子は別として 笑)でも、ある程度のレベルに達していないとその意味が分からない事もあります。

彼女のCDは改めて色々な事を考えさせてくれました。何かと忙しいイマドキの子どもたちになんとなく流されてレッスンしていなかったか…?

いかん!心を入れ替えて厳しくいくぞー!(子どもたちには迷惑!?笑)

 

心に響く良い演奏をありがとう!2枚目3枚目も待ってるよー!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 先生のつれづれ , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ニッパーくんの日

2月8日は『ニッパーくんの日』です。と言われてもなんのことやら…という方も多いで …

ニュースサイトを見ていたら

よくスマホでニュースを見ますが今日これを発見。 (出典:Sirabee) なんて …

お墓参りへ

年末恒例のお墓参り。 予報は雨…。出発時間を少し遅らせてスタート。ただいつもお墓 …

画廊か!?

隣の母のところには知り合いの画家さんが描いた絵がいくつもあります。 こことか こ …

団地の臨時総会

私は数年前に実家の隣に越してきました。ここは私が小学生の終わり頃から大学卒業まで …

弟夫婦と

毎年正月2日は弟夫婦が日野からやって来ます。 ただのおっさん 笑。そしておちゃめ …

機関誌が新しくなりました

過去季節ごとに年に4回発行していた「季刊誌」。現在は発行回数が減り「機関誌」と名 …

演奏会のご紹介

今月18日の火曜日にバロック音楽の第一人者である桐山健志先生を中心とした演奏会が …

20年振り!?

大学を卒業してすぐに(指導者どころか)薬剤師にはならず、分析機器のオペレーターと …

石川先生からのお手紙

クラスコンサートで伴奏をして下さる石川咲子先生(スズキ・メソードピアノ科指導者) …