スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

穴ボコ鉛筆

   

松本での夏期学校期間中にちょっとお茶を飲みに立ち寄ったビルの雑貨屋さんでイイものをゲット!

ドイツの有名文具メーカーさんの穴ボコ鉛筆。見つけた時は『へぇ…おもしろ〜い』くらいの印象だったのですが、同行していた生徒さんが

『これ、弓の持ち方に使えるんじゃ?』

とバツグンの閃きを!すぐさまゲット。

 

やってみました。

9D4ED4C9-B6B6-42AD-850E-3BF06D4B0EBF

バッチリ!キラキラ星をお稽古中のKちゃん。『ここに親指あてて〜…こっちに小指をピタっ!』綺麗に持てました。

『いいね!上手!』

『ねぇねぇしゃしんとらないの?』

上手に持てて気分よかったのでしょう。撮影を要求されました 笑

 

これはたまたまうまい具合にハマった例ですが、思えば鈴木先生がご存命の時にはさまざまなアイディア小道具がありました。長さが20センチほどの短い弓。お肘のお稽古に使います。また、弓の先に付けて重さを感じるバランスクリップ。これは音の練習に有益でした。

一時期子どもたちがみんなやっていた「逆さ弓」でのお稽古。文字通り弓を逆さに持ち弓先に毛箱が来るようにします。そうすると重さが掛かり中身の詰まった良い音が鳴らせます。ただ初歩の子どもは普段はまだ弓の枠を持っている事もあり逆さ弓で上手に持つことが出来ない子もいます。そのため鈴木先生は元も先も毛箱になっている弓まで作ってしまいました。…すごい行動力です。

ここでご紹介したアイディア小道具、私はどれも持っています。そう言えば持っていたのでした。しまい込んでいては宝の持ち腐れですね。反省…。

鈴木先生を見習い、子どもたちが興味を持って楽しくお稽古できるよう工夫していきたいです。昔のグッズも出してみよう、うん。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 - 先生とレッスン , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

モーツァルトの協奏曲の練習

今年の私の担当曲は モーツァルトの協奏曲 第4番 第3楽章 フィオッコのアレグロ …

今日の練習

月に2回のペースで行われている弦楽団の練習。今日は合奏教室の生徒さんも合同で練習 …

ミニグループレッスン@国領教室

国領教室木曜日のちびっ子たちとミニグループレッスン。 このところの新型ウイルスの …

弓順がめちゃくちゃ 笑

これはもう本当に自分のせいなのですが、来月本番を控えている弦楽の曲の…弓順がめち …

これはすごい…!

いつもコンサートで伴奏をして下さっているピアノ科指導者のI先生からすごいモノを戴 …

弦楽団の練習

今日は八王子教室で弦楽団の練習でした。来週末から合宿なのですが、先月1回しか日が …

今日は1人ずつ

次の日曜日が本番。今日はいよいよ1人ずつのピアノ合わせです。 独奏デビューのKち …

合奏レッスン@国分寺

今月は8日に続いて今週にも合奏レッスンがあります。というのも…クリスマス会が来月 …

今日はフィオッコ

昨日から連続となりますが日曜日の今日はもうひとつのグループ、フィオッコのアレグロ …

教室がーっ…

先月末から始まった国領教室ビルの補修工事。事前にお知らせはあったのですが休み明け …