スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

ヴァイオリン科研究会

   

今日は吉祥寺教室で館先生によるヴァイオリン科研究会。テーマは『トナリゼイション』

『始めたての小さい生徒さんにも美しい音の響きを指導して下さい』という鈴木先生の思いがこのところ薄れて来てしまっているのでは…と、指導者一同危機感を持って取り組みたいテーマです。

 

吉祥寺ブロックの指導者を中心に12名の参加。部屋のサイズ的にちょうど良い人数でした。まずピチカートで響きを聴くお稽古から。端から1人ずつ館先生が丁寧にアドヴァイス下さいました。

5D88D9FF-1F3B-4C54-92D5-D33C005D43A9

『曲のピチカート』と『練習のピチカート』の違い、響かせ方の違い、肘の使い方など細かくお稽古しあっと言う間に小1時間が過ぎました。奥が深くて気が遠くなる…

 

後半は『初歩でもアンサンブルを』という事で数小節の簡単な曲で研究を。

ADA8EC2F-B8F9-4DD0-BEB2-03F22003B789

こうしてみんな前に出されて弾きました。

 

私も弦楽の指揮をするからかアンサンブルは重要と感じています。普段のレッスンのCD合わせでも

『いまピアノがなに弾いてたか聴いた?』

『ほら、この音が聴こえてから次の音にいくんだよ?』

など、自分以外の音を聴くように話します。

 

今日使った教本は『歌の合奏曲集』。昔からスズキの副教材としてあった物です。でもついうっかり使うのを忘れている物でもあります。

また『合奏用第2ヴァイオリン教本』も。館先生も仰っていましたが私が生徒の時にはある程度の年齢(巻数)になったらいつの間にか覚えていて、グランドコンサートのような大きなコンサートではみんな弾いていた第2ヴァイオリン。

最近はチェロ科が下のパートを弾く事が多く、なんとなくやらなくなってしまったように感じます。せめてクラスの合奏の時にでも合わせられるようにこれからはどんどん紹介しなければ!と思いました。

 

いみじくも夏期学校で豊田先生が『アンサンブルは心を合わせないと上手くいかない。お互いを思いやってこそ素晴らしいハーモニーが生まれる。』と仰っていました。

豊田先生も館先生も、鈴木先生の教えとして私たち指導者に伝えたい事は同じです。改めてスズキ・メソードは心の教育だ、豊かな心を持った素晴らしい子どもたちを育てるんだと気持ちを引き締めて臨みたいです。

 

『わが子をヴァイオリンを演奏する道具につくりあげてはならない。人間として高い感性と知性をもった人間に育て上げる尊い親の仕事に対して、私どもは賛美するわけである。』

鈴木先生が会報に掲載した言葉です。そうなんです。指導者だけでなく家庭での、また学校でのすべての事が子どもたちへ影響します。子どもを取り巻くすべての大人が力を合わせて素晴らしい環境を整えてあげたいものです。

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 - 先生のお仕事 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

弦楽練習@八王子

土曜日はものすごく寒かったのですが日曜日は打って変わって八王子でも半袖オッケーな …

9年経ちました

未曾有の大災害、東日本大地震から昨日で9年が経ちました。 (昨日は水曜日だったの …

またまた会議

昨日は国分寺教室、今日は国領教室で会議でした。 このところ毎回同じような写真です …

地区例会@市ヶ谷

今日は市ヶ谷で地区例会。グランドコンサートの配布物があるので早めに行って並べます …

八王子で会議

日々のレッスンの他、月に何回か会議があります。そして今週は月火木金と4カ所の会議 …

大掃除@吉祥寺

今日は会議と併せて教室の大掃除。 毎年12月の会議の日に行なっていますが吉祥寺教 …

おさらい会ピアノ合わせ

今週は17日に秋津で行なわれる『クリスマスおさらい会』のピアノ合わせ。 夏のコン …

支部コンサート練習@吉祥寺

今日の支部コン練習にOBとして彼が参加してくれました。 中学3年生まで私のクラス …

先日の会議で…

火曜日に国分寺支部の会議をいつもの萩山教室で行ないました。 先日のコンサートの反 …

卒業録音作り

今月末が卒業録音の〆切です。そろそろ作業も大詰め。 今年はたまたま卒業曲に差し掛 …