スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

一茶の俳句 英語版

   

先日のオンライン夏期学校で取り上げた「一茶の俳句」

これは鈴木先生が

『美しい日本語の響きとリズム』

のお稽古のためにと副教材として位置づけたものです。

 

お教室によってはこの俳句をやっていないところもありますが、お稽古を始めたての生徒さんにはとても良い教材です。

もちろん言葉の意味が分からない物も多くあるとは思いますが、俳句の「五、七、五」の言葉のリズムは心地よいものです。

 

この一茶の俳句の英語版があるとの事。

話には聞いていたのですが実際にどのようになっているのかは知りませんでした。

 

今回のオンライン夏期学校の1番クラスのレッスンでM先生がご紹介くださいました。

「猫の子の ちょいと抑える 木の葉かな」

英語では

「A little kitten hunting and almost catching fallen blowing leaves」

…なるほど…語呂合わせもなかなかいい感じです。

 

1番クラスの子どもさんたちが言えたかどうかは置いといて…なるほどと納得しました。

 

数日して別の生徒さんから

『本部サイトで見れますよ』

と聞き、早速アクセス。

CE2565D9-DA0D-4F8F-BEA6-9F4BCF14FA6A

小さい時怖かった絵本「モチモチの木」「花さき山」の影絵っぽくてちょっと怖い…笑

 

前述の「猫の子の…」はこちら

D6B4ECEC-E69F-4B1A-BB5A-6C7695D1B1E9

イメージありますが…日本の札の方がかわいい 笑

 

他も見てみました。

「口あけて 親待つ鳥や 秋の雨」

「Mouths open wide baby birds wait, autumn rain」

いやいや、これじゃあリズムも何もただの説明文では?笑

 

単純に英訳すればいいということでもないでしょうし、バランスが難しいのでしょうね。何句か見てみましたが上手くいっているものと説明文とが混在してますね 笑

 

スズキのウェブマガジン「マンスリースズキ」の昨年12月号に掲載されています。販売もしているようですがほとんどの句が実は見れてしまうというオチつき。

よかったらどうぞご覧になって下さい!

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 

 - 先生とイベント , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

レッスン1回目

不安だらけのオンライン夏期学校教室別レッスン。 対面と違い、たったの40分。あっ …

夏期学校 その2

午前中の教室レッスンはこちら 6巻のヘンデルソナタ第4番。ご一緒させていただく先 …

久しぶりの練習@八王子弦楽

夏のリベンジコンサートも中止となりそのまま活動停止となっていた八王子支部弦楽合奏 …

最後の練習はホールの地下で

ついに明日は本番…!最後の練習は本番を行なう府中のホールの地下練習室で。 前回も …

国分寺支部コンサート無事終了!

梅雨の貴重な晴れ間となった今日、国分寺支部コンサートが無事終了しました! (リハ …

老人ホーム慰問

今日は八王子支部が毎年お訪ねしている老人保健施設『ゆうむ』への慰問でした。 例年 …

コンサート総練習 2回目

今日は幡ヶ谷のアスピアホールにて吉祥寺支部コンサートの総練習でした。先月に続き2 …

コンサート延期のお知らせ

近年稀に見る規模の大型台風の影響により、13日に予定していた吉祥寺センター支部コ …

ドイツの会

今日は母が所属している公民館でのサークル活動に、お話と演奏で私も参加して来ました …

クリスマスおさらい会@国分寺

真冬の寒さとなった16日日曜日、国分寺支部クリスマスおさらい会が無事に終了しまし …