スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

今日の姉妹デュオ

   

10月28日の市民文化祭に向けて八王子クラスのレッスンは主に演奏会の曲が続きます。

今日の姉妹デュオはこちら

1491FF34-F80C-4983-B2B2-B948A78F3F8D

薙刀少女改めヴァイオリン少女Hちゃんと妹のSちゃん。

前回は弦楽の曲『セントポール組曲』をギターのようにつま弾いていた2人。今日はタルティーニの二重奏の伴奏合わせ。

それぞれに別のパートを割り振っていますので姉妹でのデュオが可能。はじめにまず楽譜を見て1回。そして楽譜を伏せてもう1回。

 

『あ、これ写メろ』

の先生の動きを察知したお姉ちゃん。

『ダメ!今日メガネだからっ』

へ?そんなに違う?

 

途中ほんの1小節の休符の間にメガネを投げ捨てる素早い動き!

そのせいで楽譜を表向きにしていた時からほぼ暗譜状態という 笑

 

『へーきじゃん。覚えてるじゃん 笑』

と先生。

でも実はなんとなく勘で弾いていたー。やるじゃん。

 

習いたての頃は姿勢が悪くなる事と音を聴かなくなる事で、楽譜は使わせないでいます。まず耳を鍛える、そのため楽譜はあとからやります、とご見学中に説明します。よく「スズキの子は楽譜が読めない(もしくはやらない)」と言われますがそんな事はありません。与える時期は指導者によって様々でしょうが、きちんと楽譜の勉強もします。

私はポジションを使わなければならない3巻くらいから譜面台を立てます。それまでは少なくともレッスンでは楽譜は見せません。家では見てたとしても教室では見れないので結局「耳コピ」している状態です。

でも初めはそれでいいんです。「耳コピ」出来る事は素晴らしい能力ですから。耳が作られていないと出来ませんから。

Hちゃんたちも

『じゃっ、次は暗譜ね〜』

と言ったら

『え〜…』

と言っていましたが結局見ないでほぼ弾けました。不安はあったでしょうがきちんと耳が覚えていますのでなんとかなっちゃいます。

 

どちらかひとつではダメです。せっかく弦楽器をやっているのに譜が読めなかったら楽しさ半減。かといって最初から譜面で入ってしまうと音程に対しての感覚が鈍くなります。1番良いタイミングがいつか…まだ「ここ!」とは言えませんが、大人になってからでも楽しめるように楽譜についてもちゃんと伝えていきます。

でもなにより「いい音」を大切にする気持ちが大事ですからねー。よろしくっ!

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 - 先生とレッスン , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

アイディア肩当て

少しだけレッスンを始めた八王子教室のRくん。お母さまがステキな肩当てを作って下さ …

八王子練習日

前回の練習からもう2週間!?早いですね… 今日もいちょうホール地下練習室にて八王 …

グループレッスン@国領

今日は国領教室のグループレッスンです。いつものようにもうお一人の先生のクラスと合 …

久しぶりの合奏@国分寺

生徒さんの密集を避けて分散開催の今週の合奏レッスン。 コロナ騒動が起きた後の初め …

今日はフィオッコ

昨日から連続となりますが日曜日の今日はもうひとつのグループ、フィオッコのアレグロ …

グループレッスン@八王子

今日は年内最後のグループレッスン。 秋田から戻ってきたSちゃんも参加してくれまし …

あさっては本番!

吉祥寺教室でレッスンなさっているOさん。 これまで行なわれてきた大人のイベント『 …

単語カードならぬ…

4巻の最後の大モノ…バッハの二つのヴァイオリンのための協奏曲(通称、ドッペル) …

グループレッスン@八王子

今日のグループレッスンの参加はこれだけ… なんてこった…(あとから2人来てちょっ …

今日の練習

月に2回のペースで行われている弦楽団の練習。今日は合奏教室の生徒さんも合同で練習 …