スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

ヴァイオリン科研究会@オンライン

   

今日はオンラインによるヴァイオリン科研究会。

8AADAF54-BF8C-406B-B892-C440F8B4AC91

本会特別講師の竹澤恭子先生に生徒さん3名が対面でレッスンを受け、それを私たちがオンラインで視聴する方法です。

 

昨年の研究会では生徒さんもオンラインでしたが少しづつ対面も増えてきて日常が戻ってきつつあります。

こうした公開レッスンのようなプログラムは対面でこそ効果がありますよね。

 

ただおそらく関係する人が少人数なだけにスタジオを利用しており、そうなると生徒さんにとっては結構狭い場所で先生方と撮影スタッフばかりの前でモーツァルトを弾かなければならないというかなり過酷なシチュエーションだったと思います。

 

各楽章をひとりづつ、それぞれ別の指導者が生徒さんを出しています。そのため演奏スタイルも違って色々と勉強になりました。

今回は主にカデンツァをレッスンします、となっていたのでカデンツァをものすごく練習してあった子とか 笑(かといって他がダメだったという訳ではありませんが)

 

このような形式の公開レッスンではよく感じるのですがなんにせよ時間が足りない…

指導する先生も大変です。

 

生徒さんは「これはこう」と思って弾いてきているので、ある意味その解釈を変えさせるのはそんな数分でできることではありません(演奏家でしたらおそらくできるでしょうが)

もちろん言われて努力はしているのですが、こちらで聴いていても

『いや…そうじゃない…』

と感じざるを得ません。

 

ひとりの生徒さんの持ち時間が何分ずつだったか分かりませんが明かに途中で先生が諦めています。

でもレッスンってそういうものかもしれませんね。普段の自分たちのレッスンの中でも数回やって変わらなければ

『…というカンジで家でやってみて』

ということになりますからね 笑

 

でもこれは全国のヴァイオリン科指導者が視聴している公開レッスン。せっかくモーツァルトを題材にしたならもう少し現場で活かせる話が聞きたかったなー…というのが本音ではあります。

話の半分が音程に終始した子についてはちょっとかわいそうでした。

 

オンラインでの色々に慣れてきたとはいえ疲れることは疲れます。そもそも音は使っている機器(PCの性能?)で全然違うでしょうし観る方もずーっと液晶凝視。

出来るならホールとかでの音の良い状態で聴きたかったとも思ったりします。早くもっと出来るようにならないかな…

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 先生とレッスン , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ミニグループレッスン@国分寺

6月の支部コンサートに向けて今週末からグループ別に分かれたレッスンが始まります。 …

教室紹介 国分寺編

水曜日は国分寺教室です。 一昨年の3月まで、国分寺幼稚園の1室をお借りしてレッス …

国分寺ピアノ合わせ

昨日は20日に行われる国分寺支部のクリスマスおさらい会のピアノ合わせでした。おさ …

曲目の表記

私たちスズキ・メソードでは会独自の教本を持っています。 私が子どもの頃は1巻から …

グループレッスン@八王子

土曜日には夏休みの総仕上げとしてのグループレッスンを八王子教室で行ないました。 …

グループレッスン@吉祥寺

いま吉祥寺教室は女の子が多いです。グループレッスンをしてもこの通りの女子会に 笑 …

うるさっ…!

なんとなく新型ウイルスにも慣れてきましたが…そうは言っても教室の換気は怠りなく。 …

グループレッスン@吉祥寺

昨日は午前中八王子で弦楽団の練習をした後、吉祥寺に移動してグループレッスンをしま …

大掃除とグループレッスン@国領

クリスマスとは言え学校は終業式。土曜日からの3連休を考えたらちょっとやり繰りして …

アメリカから

私が生徒で習っていた時、少し年下に物凄く上手なKくんという男の子がいました。小学 …