スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

スズキ・メソードの月謝は高い?安い?【他の教室との比較】

   

今回は気になる月謝についてお話ししようと思います。


スズキ・メソードの月謝は他の教室と比べてやや高いと言われています。ですがそこには理由があります。

スズキ・メソードでレッスンを受けることにより、世界に広がるスズキの強みを活かした多くのことを体験できます。

その付加価値があるからこそ決してスズキの月謝は高くはないのです。


スズキ・メソードの月謝と他の音楽教室の月謝とを比べながらスズキは何が違うのか、どんなことができるのか考えてみたいと思います。


スズキ・メソードの月謝はどのくらい?

出典:スズキ・メソード公式サイト

スズキ・メソードの月謝は地域差もありますがスタート時は大体13,000円〜15,000円くらいが相場です。

内訳は本部費1,600円、教室運営費4,000円程度〜(教室によって違います)授業料7,000円〜となっています。


また、コンサートが行なわれる時には別途コンサート費がかかることもあります。


本部費

本部費はスズキ・メソード全体を運営していくために使われる費用です。

入会と同時に会員が本会と情報を直接やりとりできるマイページを作成し本部費はそこから徴収されます。

マイページからは会に関する様々な情報が送られてくることもあり、これにより日々の個人レッスンだけでなくスズキでお稽古をしているメリットを感じられるものとなっています。


教室運営費

教室運営費は会員各自が所属する教室に支払うもので教室ごとに金額に違いがあります。

なぜ違いが出るかというと、各教室は独立採算で運営されておりそれぞれの教室で家賃や光熱費を負担しているからです。この生徒さんが支払う運営費で教室を維持しています。


この教室運営費は教室の立地条件により変動します。土地柄、家賃の高い地域の教室はどうしても教室費が高くなる傾向にあります。また教室に所属する会員の数によっても変わってきます。


授業料

授業料は指導者に支払われるレッスン代で、指導歴が10年に満たない先生の場合7,000円からスタートします(入会者が初心者の場合)


その後レベルが上がるにつれて授業料も段階的に上がっていきます。これは教室ごとに取り決めがあり規約などに従って運営されています。

通常、変更がある場合は指導者から知らせがあります。


その他の費用

教室によっては毎年、教室全体のコンサートがあるところがあります。その他の教室でも数年に1度はコンサートを行ないます。その際、通常の月謝とは別にコンサート費がかかる場合があります。およそ6,000円程度から10,000円くらいになります。

これはその時のみにかかる費用なので月々の月謝とは別に収めるものとなります。


また、クラスでのイベントやグループレッスンにかかる費用に充てるためクラス費を集めるところもあります。


ヤマハの月謝はどのくらい?

出典:ヤマハミュージック

ではヤマハの教室の例を見てみましょう。

ヤマハの音楽教室の月謝はグループレッスンで8,800円〜個人レッスンは11,000円〜となっています。

グループレッスンの場合は1回60分、個人レッスンは1回30分での設定です。このレッスン料のほか教材費などもホームページに記載があります。


おそらくスズキの教室とは違い、運営にかかる費用は母体となるヤマハミュージックが負担するのでしょう。


宮地楽器の月謝はどのくらい

出典:宮地楽器

もう1社、楽器の販売にも強い宮地楽器の例を見てみます。

個人レッスンは30分で9,350円〜で時間が伸びるごとに値段が上がっていくという方式です。日曜ヴァイオリンコースというユニークなレッスン方法もあります。


楽器店が運営するという強みを活かし楽器選びのアドバイスやレンタル楽器のシステムもあり便利です。


スズキ・メソードって何が違うの?

ではここからはスズキ・メソードと他の音楽教室との違いをみていきましょう。

こうしてみると確かに初期設定は確実にスズキの教室の方が高いといえます。この差が生じるのはなぜか、スズキは何が違うのか解説いたします。

スズキの本部と教室

出典:スズキ・メソード

スズキ・メソードは70年を超える実績のある教育団体で、発祥の地松本に本部を置きヴァイオリン、ピアノ、チェロ、フルートの4種の楽器の教室を全国展開しています。

国内のみに留まらず世界約40カ国でスズキの指導が行なわれている、世界にも認められた教育法です。


団体の正式名称は「公益社団法人 才能教育研究会」といい、一般的には音楽教室として知られていますが本来は幼児教育のひとつです。


さまざまなイベント

出典:スズキ・メソード公式サイト

スズキ・メソードにはその教室の規模を強みとしたさまざまなイベントがあります。

2000年代初めまで毎年日本武道館で開催されていた「グランドコンサート」はスズキで音楽を学ぶ3000人の生徒による大合奏を実現し、ときの天皇皇后両陛下や首相、海外外交官の方々を招いています。


2011年3月に開催予定だった第53回グランドコンサートが直前に起きた東日本大震災により中止となり、その後の第54回コンサートは最後に開かれた2009年から9年の時を経て2018年に両国国技館で開催されました。

こうした大規模イベントは全国のみならず全世界に広がるスズキ・メソードだからこそ実現可能なのです。


また、スズキ・メソードには世界大会という行事もあり、世界各地で行なわれるセミナーに参加することができます。

出典:スズキ・メソード世界大会

このような機会に音楽だけでなく文字通り世界の仲間と交流ができるのもスズキの魅力です。実際に卒業生の中には音楽の道ではなく他業種で成功された方が大勢います。


このような付加価値を考えたときスズキ・メソードの月謝が高めなのも納得できるのではないでしょうか。

スズキで楽器を習得していく中で国際人としての力も身につけることができます。ぜひお子さまの習い事として選ぶことをお勧めします!

 - ヴァイオリンを弾いてみたい方へ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

スズキ・メソードは何かの宗教!?実際はどうなの?

インターネットなどでは 「スズキ・メソードって何かの宗教?」 という声がよくきか …

ヴァイオリンって大人でも弾けるようになる?【クラスの大人生徒さんの場合】

ここ数年生涯学習として新たな挑戦をする大人の方が多くなりました。 そんな中で選ば …

スズキ・メソードの教室ってどこも同じ?【4つの教室を徹底比較!】

ヴァイオリンを習いたい!と思った時にまず気になるのはなんでしょうか? お月謝?先 …

スズキ・メソードだと楽譜が読めなくなる?そんなことはありません!

耳からの教育法であるスズキ・メソード。 多くの演奏家を輩出しているにもかかわらず …