スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

本の話

   

私は読書が好きです。レッスンの空き時間に(スマホいじりもしてますが 笑)よく本を読んでいます。

 

吉祥寺の教室がコロナで閉鎖になったので時間が取れました。さぁてと…どれを読もうかなぁ?

D9F1D455-5CF7-4B00-BDDF-A66ED70ABAC5

昨年(一昨年?)話題になったアンソニー・ホロヴィッツの『カササギ殺人事件』アガサ・クリスティへの完全なるオマージュとの呼び声も高いこの作品。天邪鬼な私は買ってはみたもののすぐに読まずにあたためていたもの。

それとも、ジェットコースター作家と名高い「ドンデン返しの天才」ジェフリー・ディーバー?今回はリンカーン・ライムではなく連邦捜査官キャサリン・ダンスのシリーズとか。これも楽しみですがディーバーのトリック手法にはそろそろ限界も見えてきた?(生意気な意見 笑)

ちなみにキャサリン・ダンスのお嬢さんのマギーはスズキ・メソードでピアノを習っています 笑

 

『黙約』は『シークレット・ヒストリー』の改題。ドストエフスキーの『罪と罰』を彷彿とさせるドナ・タートの衝撃的デビュー作。

この中で唯一の日本人作家、門田隆将の『死の淵を見た男』言うまでもなく今話題の映画『フクシマフィフティ』の原作本です。門田さんの書くノンフィクション本はいくつか読んでいますがいつも興味深く感じます。

ウィングフィールドの『フロストシリーズ』は笑いたい時に。デントン警察名物警部フロストの抱腹絶倒な物語。こんなのあり?と思うけど結構アリ 笑

 

いつか読むぞ!と本屋さんに行くと数冊購入してしまいます。(そしてうっかり持っている本をまた買ってしまう失敗を犯すのは許して…)

ひとまず候補にあげた今回の本たち。どれから読むか…ここはやはり震災からまもなく10年、未だ復興叶わず辛い想いをされている被災地のみなさまに敬意を表して『フクシマフィフティ』とさせていただきます。

天邪鬼な私でもこれは知らなければいけない現実かと。「読んでから観るか、観てから読むか」今回は「読んでから観る」かな。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 

 - 先生のつれづれ , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

同窓会!@国分寺支部

国分寺支部の卒業生でヴァイオリニストになりアメリカに住んでいるKくんが一時帰国し …

今度は車だー!

私の住んでいる団地には「来客用駐車スペース」が数台分あります。 そこに住民の方が …

ピアノを動かす

吉祥寺教室の奥の部屋がカビにヤラレタ事は以前書きましたが、それに伴い外に面してい …

教室が…!

今年の夏は雨が続き、毎日ジメジメジメジメ…。せっかくの休みもイマイチだった方が多 …

車の話

私は基本的にレッスンは車で行っています。運転は苦にならないしむしろ好きで、今はマ …

インターフォンの謎

昨日帰宅時に気づいたインターフォンの謎… 『え…!?どゆこと…?』   …

ガレージを掃いてみる

土日に猛威を奮った台風が過ぎ去り、週明けは爽やかな晴天となりましたが、台風の置き …

口笛ロムくん

地元公報誌に発見! 我らがヒーロー『口笛プロ』青柳呂武くん!   チラ …

横浜線中山駅

横浜線の中山駅には母の実家があります。 夏休み、年末年始と長い休みにはいつも泊ま …

退院祝いのお食事会

今日はお世話になっている方のお身内のご葬儀に行くため急遽レッスンを変更して休みに …