スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

本の話

   

私は読書が好きです。レッスンの空き時間に(スマホいじりもしてますが 笑)よく本を読んでいます。

 

吉祥寺の教室がコロナで閉鎖になったので時間が取れました。さぁてと…どれを読もうかなぁ?

D9F1D455-5CF7-4B00-BDDF-A66ED70ABAC5

昨年(一昨年?)話題になったアンソニー・ホロヴィッツの『カササギ殺人事件』アガサ・クリスティへの完全なるオマージュとの呼び声も高いこの作品。天邪鬼な私は買ってはみたもののすぐに読まずにあたためていたもの。

それとも、ジェットコースター作家と名高い「ドンデン返しの天才」ジェフリー・ディーバー?今回はリンカーン・ライムではなく連邦捜査官キャサリン・ダンスのシリーズとか。これも楽しみですがディーバーのトリック手法にはそろそろ限界も見えてきた?(生意気な意見 笑)

ちなみにキャサリン・ダンスのお嬢さんのマギーはスズキ・メソードでピアノを習っています 笑

 

『黙約』は『シークレット・ヒストリー』の改題。ドストエフスキーの『罪と罰』を彷彿とさせるドナ・タートの衝撃的デビュー作。

この中で唯一の日本人作家、門田隆将の『死の淵を見た男』言うまでもなく今話題の映画『フクシマフィフティ』の原作本です。門田さんの書くノンフィクション本はいくつか読んでいますがいつも興味深く感じます。

ウィングフィールドの『フロストシリーズ』は笑いたい時に。デントン警察名物警部フロストの抱腹絶倒な物語。こんなのあり?と思うけど結構アリ 笑

 

いつか読むぞ!と本屋さんに行くと数冊購入してしまいます。(そしてうっかり持っている本をまた買ってしまう失敗を犯すのは許して…)

ひとまず候補にあげた今回の本たち。どれから読むか…ここはやはり震災からまもなく10年、未だ復興叶わず辛い想いをされている被災地のみなさまに敬意を表して『フクシマフィフティ』とさせていただきます。

天邪鬼な私でもこれは知らなければいけない現実かと。「読んでから観るか、観てから読むか」今回は「読んでから観る」かな。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 

 - 先生のつれづれ , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

明けましておめでとうございます

新しい年となりました。明けましておめでとうございます! 実家の団地最上階からかす …

国領教室のお客さま

生徒さんのお宅がワンちゃんの躾の里親さんに! レトリーバーという犬種は賢い事から …

これは遅延なく来る

そういえば…春はこういうモノがありましたね… そう…自動車税…   こ …

陥没疑惑のその後

先週、陥没の恐れありとか言われて逃げ帰ってきた吉祥寺。 ご覧のように緊急工事によ …

引っ越し裏話 その3

引っ越しの話はもういいよ、というカンジですが面白いモノを見つけてしまったので… …

ガレージを掃いてみる

土日に猛威を奮った台風が過ぎ去り、週明けは爽やかな晴天となりましたが、台風の置き …

寒いよぅ…

昨夜 『さてと寝ーようっと』 と寝室のファンヒーターをポチったら… 5度…! 驚 …

ガレージの掃除

乗り換え前にはオイル漏れを起こしていた私の車。教室のガレージが大変な事になってい …

感謝状が届くの巻

大学を卒業してウン十年、このほどスズキの仕事を始めて25年となったそうです。 感 …

歯茎の不調

このところ仕事が詰まっていて、またいつものように歯茎が腫れてしまいました。歯医者 …