スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

館先生の研究会@八王子

   

関東地区で定期的に行なっている館先生のヴァイオリン科研究会。今日は東京の西の端、八王子教室に14名の先生方が集まり行なわれました。

DE62B695-7B60-42F7-B94A-4A85CBA6686B

今日のテーマは『初歩のレッスンの仕方について』。駅から教室まで少し距離がありこの猛暑の中いらっしゃるのはみなさん大変でしたでしょうが、内容は普段のレッスンに活かせる充実した研究会でした。

682FD491-EDF5-49B1-90AC-07C29EF197F3

先生がお使いの資料をお見せ下さり、いかにして子どもたちに興味を持たせるか、またお母さま方にご家庭でどのように練習して来ていただくか、日頃のレッスンに役立つ情報が満載の研究会でした。3時間休憩無しでしたがあっという間でした。

毎年行なわれている全国指導者研究会でもこういった話を聞きたいと思うところですが、芸術館のあの大ホールではやはり難しいですかね…。

 

鈴木先生はいつも『私たちは「才能教育研究会」。研究する事を休んではなりません。』と仰っていました。先生自身、全国あらゆる所にお出かけになり指導者のレッスンをして下さいました。私も含めて、この会は必ずしも音楽大学を出ている指導者ばかりではありません。なので、指導者自身のスキルアップはとても重要です。『スズキ・メソードはただヴァイオリンやピアノが出来るようになる教室ではない、人間教育だ。』と言いますが、そうであるからには指導者が切磋琢磨して人間力を磨いていかなくてはなりません。それに、手段として楽器を用いているならばその技術の向上も必要でしょう。

スズキの基本的な理念をお伝え下さる年輩の先生方が減っていく中、最近は全国指導者研究会を欠席する先生も目立ちます。このままでは鈴木先生が遺して下さった素晴らしい教育法が光を失ってしまいます。今こそ指導者一人ひとりがしっかりと考え、行動していかなければならないと感じます。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 - 先生のお仕事 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

支部会議

スズキ・メソードのお教室では、日々の指導の他に支部の運営に関わる会議が行なわれま …

A先生のリサイタルお手伝い

クリスマス当日の今日、代々木上原の音楽サロン「ムジカーザ」にてA先生のリサイタル …

研究会2日目

朝は鈴木先生のDVDから始まります。 白黒の古い映像での鈴木先生のレッスンでした …

ダブルヘッダー

今日は八王子と国領のダブルヘッダー。午前中は弦楽の練習、午後はコンサートのピアノ …

教室説明会とミニコンサート

春からの習い事を考える入学前のタイミングに合わせ各地で教室説明会が開催されます。 …

アンサンブル練習

明日から4日間の指導者研究会ですが、前日の今日所属しているアンサンブルの練習でひ …

会議はオンラインが定着

月初めの月曜日は本部ミーティング。 ミーティングと言っても基本的に会長が報告事項 …

関東地区新年研究会@代々木

今日は代々木のオリンピックセンターにて関東地区の新年指導者研究会でした。 先日大 …

合宿説明会

今日の弦楽の練習では途中の時間に保護者の方に集まっていただき合宿の説明会をしまし …

ブロック会議

今日は自分が所属する『吉祥寺ブロック』というグループでの会議が吉祥寺の教室であり …