スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

卒業録音を発送

   

11月末はスズキの卒業録音の締め切りです。

ギリギリまで頑張った生徒さんのCDを作り上げ梱包して今日発送しました。

D8BAD41C-264F-46F1-8D35-8EB54929E1FB

(いい封筒があった。シメシメ…笑)

 

今は簡易なCDケース(不織布の袋)なのでこれくらいに収まってよかったです。

その上このところは提出する本数も少なめなので箱に入れるほどでもないので。(それはちょっと寂しいけどさ)

 

今年から新しい制度になった卒業録音提出。ネットを使ってデータで送る事も出来ます。その場合は申請書もネットで完結。

でも新制度のサイトが驚くほど使いづらいので(笑)私は少なくとも今年は手書き申請を選びました。

 

何人もの方に

『石戸先生はきっと簡単に出来るだろうから…いいよねぇ』

と言われましたが私は手書き申請。

『なんで!?』

と言われますが

『え?だってネットでぽちぽちコメント入れるなんて心がこもってないから?』

と答えています。実は古い人間です 笑

 

ただ今年やってみて思いましたが確かにネットで完結は簡単スピーディ。時代はそれを求めているのでしょうね。

私が心をこめて申請書を手書きしたとしても生徒さんにとって特に何かが変わるものでもないのです。私の気持ちの問題なだけです。要するに自己満足。

 

今回手書きにしたのにはもうひとつ理由があって…

この制度が始まるにあたっては多くの指導者から「なぜもっと説明を尽くし来年からにしてはいけないのか?」という疑問が投げかけられていました。

また、指定されたサイトからの申請が物凄く分かりにくい上に使いにくいものでした。

それなのに多くの声に応えないまま今年強行された事への抗議の意味もあり手書きで出しました。

 

でもこれも自己満足ですね。こんなことをしていても何も変わっていかないのは分かっています。

 

でも鈴木先生がなぜ卒業制度を導入したか、この制度により指導者はどのように生徒さんのレッスンに向き合っていかなければならないか、改めて考えるきっかけになったのではないでしょうか。

決して、ある曲が終わったら録音してネットでポン!で「はい次ね」という物ではなかったはずです。

 

鈴木先生のレッスンを直接受けたことのない指導者が増える中で「スズキ・メソードとは何か」をもう一度立ち止まって考える時が来ています。

頑張ります。

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 先生のお仕事 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

今月のマスタークラス

今日はもう一人のMちゃんが館ゆかり先生のマスタークラスを受講しました。 曲目は録 …

支部総会@吉祥寺

今日は吉祥寺センターの支部総会です。こちらは昨日の八王子と違い、ほぼ通常の役員さ …

愛知県大府市にてテンチルドレンコンサートが行なわれました

本会事業として今年3件予定されている「スズキ・メソードテンチルドレンコンサート」 …

ヴァイオリン科研究会

今日は多摩地区の気持ち良い環境の中でヴァイオリン科研究会が行われました。 東京都 …

地区の大きめな選挙の開票で、ひさしぶりに東京事務所に行きました。

以前にもお話ししたかと思いますが、現在の東京事務所は品川にあるシェアオフィスに置 …

引き継いでいくもの

ほぼ毎月開かれる指導者会議。先月より『スズキ・メソード70年 〜引き継いでいくも …

吉祥寺の会議

今日は吉祥寺センター教室の会議。 今年度最後の全員会議で、来月は予算立てと総会と …

地区研究会

今日は大久保のクラシックスペースにて地区研究会がありました。 イギリス王立音楽院 …

会議@八王子

今日は八王子の会議。大事を取って、不安な方やお子さんを置いて来られない方はどうぞ …

ブロック会議

今日は自分が所属する『吉祥寺ブロック』というグループでの会議が吉祥寺の教室であり …