スズキ・メソード 石戸寛子クラス

スズキ(鈴木)バイオリン教室(吉祥寺・八王子・国分寺・国領) 子どもから大人まで

リズムを弾く その1

   

弓振りや持ち方のお稽古をしたらついに教室で(先生の前で)音を出します。

35685FAD-EFB2-4F25-8060-988D174907F9

この基本の5つのリズム。まずはタカタカタッタから。

ADB23C35-EC81-498B-A660-D199DB2E5382

「タカタカ」と「タッタ」からなる2つの音節ですがこれをまとめて「タカタカタッタ」と弾けるととてもいいです。

2つに分かれると「タッタ」のところに妙に力が入って汚い音になってしまいます。さらに音楽が後ろに引っ張られます。

 

弾き始めは全部力いっぱいなのですが、慣れてくると「さげ弓」が強くなります。

そうなるとリズムのバランスが悪くなり

「タカ」「タカ」「タッ」「タッ」

のようにさらにバラバラになってしまいます。こうならないように弾くのがこれまた難しい…

 

2番目の「よかった」のリズム。

47A6C12B-B871-4685-A159-1A9F4B172B28

こうなります。これには反対向きもあって

F64771CD-82A2-4629-AA8E-1A0E56D1593A

こういう弓順になります。

 

この「よかった」のリズムの鬼門は「休符」

8分休符できちんと止まれないと「よかた」となります。(実はそれはバナナの先取り?笑)

 

リズム叩きの時は「手をお膝にトン」などとやって休みを待つことも出来ましたが、弓で弾いているとなるとそうもいかず自分でコントロールして止めておかなければなりません。

…本当に難しい。なんでこれが2番目?と言いたいくらい難しい。

 

さらに

1D204F7E-D915-475B-AA20-48443D7E7172

ここです。

「よかった」がひとつ弾けても油断大敵。続けて反対弓で弾かなければなりません。

 

この「よかった」のリズムを上手く弾くのには多少の時間がかかります。

教本ではこれが2番目ですが私は子どもさんの様子を見ながら「キャラメルキャラメル」を先に弾かせたりします。

 

残りのリズムの話はまた次回に…

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - レッスンのすすめ方 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【動画で解説!】スズキ・メソード教本1巻 アレグレットのレッスン

レッスンのすすめ方。とても間が空いてしまって申し訳ありません… 今日は教本1巻1 …

【動画で解説】スズキ・メソード教本1巻 ロングロングアゴーのレッスン

レッスンのすすめ方、今日は1巻7番の「ロングロングアゴー」についてです。 この曲 …

本物の楽器を使う

いよいよ楽器が手元に来ます。 こちらは1番小さいサイズで16分の1となります。 …

リズム叩き

足型に乗ってごあいさつが上手に出来たら次に手を使って「リズム叩き」をします。 & …

楽器を持つ準備

右手の次は楽器の持ち方です。 ヴァイオリンは左肩とアゴで楽器を挟みますが、これが …

弦を乗り替える

前回の記事で『いよいよ指を!』と書きましたが、重要な「弦の乗り替え」のお稽古につ …

レッスンのすすめ方

クラスのホームページを始めたときは 『よーし!スズキを広めるぞー!』 という思い …

【動画で解説!】スズキ・メソード教本1巻 楽しい朝のレッスン

今回はスズキ・メソードの教本1巻11番の「楽しい朝」について解説していきます。 …

足型作りとおじぎ

レッスンのすすめ方、第2回目「足型作りとおじぎ」です。 初めにお伝えするべきでし …

【動画で解説】スズキ・メソード教本1巻 ちょうちょうのレッスン

レッスンのすすめ方。今日は1巻2番の「ちょうちょう」についてです。 この曲は弓の …